>

公園> 高田屋顕彰館Top

『日本幽囚記I,II、III』『対日折衝記』 「日本には、あらゆる意味で人間という崇高な名で 呼ぶに 相応しい人物がいる」 高田屋嘉兵衛の名を世界に知らしめた名著が待望の復刊!

『高田屋外交 ゴロヴニン事件解決後200周年記念版』

鎖国日本を震撼させた文化露寇から「ゴロヴニン事件」の解決に至るまで、高田屋外交の舞台裏を史料を駆使して蘇らせる!嘉兵衛本人が事件を口述した「高田屋嘉兵衛遭厄自記」全文を国内初の翻刻。

日本幽囚記IV フヴォストフとダヴィドフの航海
(2018年3月)

この二人の青年士官たちの日本人への不当な攻撃が、ゴロヴニンとその同胞を幽囚へと導くことになりました。かれらを敵対行為に向かわせた理由は何であったのか。
本書は従来の史観から離れ、本事件をロシア側の視点から見ると、どのような 風景が拡がるのかを描こうとしたものです。


が休館日です。
半年分のスケジュールをご案内いたします。
【開館時間】

10:00~17:00
【休館日】

・毎週火曜日
※祝日の場合は翌平日。1月後半と6月第2週木曜日に公園全施設の休園日があります。

カムチャツカのカヘイ峰

宣教師ニコライと嘉兵衛

先人たちの石文

21世紀を共に生きる

ダイジナコト

神舞い人形

 

過去の企画展についてご紹介します。