公園 > 高田屋顕彰館 > ミュージアムショップ(本)

 当館刊行物の地方発送承ります。 現品と郵便振替用紙を同封させていただきます。
郵送費込みのご請求額、在庫の有無など、 詳しくはお問い合わせ下さい。
TEL 0799-33-0354 FAX 0799-33-1605 E-Mail nanohana@takataya.jp

                                 特定商取引に関する法律に基づく表示
高田屋嘉兵衛翁伝 改訂版

斉藤智之編/21 cm x29.7cm / 60 pp.
2015年12月 \700.-(税込)

館がこれまでに収集した嘉兵衛関係の史料を集約した図録。

海人の島 / 少年時代 / 兵庫津 / 北の海へ / アイヌ モシリ / 幕府の北方探検と蝦夷地開拓 / エトロフ島 / 蝦夷地における事業 / 高田屋 / 箱館 / 北太平洋と ロシア / 世界の中の日本 / 日露交渉史 ラクスマン来航からゴロヴニン事件まで / 高田屋外交 / 晩年 / 嘉兵衛の石文 / 年表 

高田屋外交 ゴロヴニン事件解決後200周年記念版

斉藤智之編/21 cm x29.7cm / 128 pp.
2014年8月 \1800.-(税込)

ゴロヴニン事件解決後200周年を記念して、館がこれまでに収集した「事件」関係の史料を集約した図録。鎖国日本を震撼させた文化露寇の背景からゴロヴニン事件の解決に至るまでを、史料を駆使して読み解く。
嘉兵衛本人が事件を口述した『高田屋嘉兵衛遭厄自記』を国内初の全文翻刻。  もっと詳しく……

日本幽囚記 全三巻
I  ゴロヴニン艦長の手記 1811、1812及び1813年/ 272 pp. /\1,404.-
II ゴロヴニン艦長の手記 1811、1812及び1813年/ 208 pp. /\864.-
III 日本国と日本人論 / 160 pp. /\756.- 
V.M.ゴロヴニン著  斉藤智之訳/ A5判 当館限定/ 2008年6月改訂版

「世にも珍しい興味深い作品が、最近ペテルブルグより官費で刊行された。それは千島諸島の海洋調査中に、士官二人と水夫数名と共に日本人に捕らえられたロシア軍艦の艦長による、二年余に及ぶ日本での幽囚体験と観察からなる手記である。西洋人に対して、日本は二世紀にわたってその門戸を閉ざして来た。その内地で生活した著者の報告は、この注目すべき国民の風俗習慣や国民性に多くの新真実を提供することになるだろう。……」
1817年12月23日付けのタイム誌  もっと詳しく……
対日折衝記 
一八一二年と一八一三年における日本沿岸航海と日本人との交渉 改訂版

P.I. リコルド 著  斉藤智之訳/ A5判 / 128 pp. /
当館限定/ 2014年3月改訂版第3刷
\756(税込)

嘉兵衛の交渉相手となったロシア海軍士官リコルドによる「ゴローニン事件」「高田屋外交」の記録。ヨーロッパ各国語に翻訳され、いまなお世界で読み継がれている名著が日本語で待望の復刊。
他に1999年の子孫来日記念講演、1844年にリコルドが嘉兵衛に宛てた「届かなかった手紙」他、新資料を加えて改訂。
高田屋嘉兵衛――只天下のためを存おり候――

生田美智子 著 / ミネルヴァ書房 / 13.5cm x 19.5cm /375 pp. /
978-4-623-06311-6/ 2012年3月
\3780(税込)

淡路島、神戸、大阪、函館、そしてカムチャツカ、ハバロフスクからモスクワ、ペテルブルグ。ゴロヴニン事件勃発200周年を迎え、日露交流史の専門家である著者が、広範な現地調査と膨大な資料群を読み解き、新たな嘉兵衛の人物像を描き出す。

菜の花の沖 全6巻

司馬 遼太郎 著 / 文藝春秋 / 文庫本 /
/ 2013年1月20日 第11刷
\4097(税込全巻
)

 

週刊司馬遼太郎 IV(週刊朝日MOOK)

朝日新聞出版 / 15cm x 21cm/ 290 pp. /
978-4-02-274529-3 / 2008年11月
\925(税込)

週刊朝日の連載「週刊司馬遼太郎」中から、「菜の花の沖 −高田屋嘉兵衛の海―」を単行本化。嘉兵衛ゆかりの淡路島、神戸、函館、根室、カムチャツカなどの地を辿りながら、作品を検証する。小林修氏の写真、安野光雅氏の画も素晴らしい。ビジュアル版『菜の花の沖』としても楽しめる。他に「宮本武蔵」「北斗の人」「新撰組血風録」など。

海の総合商社 北前船

加藤 貞仁著/ 無明舎出版
2003年3月
\2700(税込)

 
北海の豪商 高田屋嘉兵衛
柴村 洋五 著 / 亜紀書房 / 13cm x 19.5cm / 348 pp. /
4-7505-0014-3 / 2000年12月
\2160(税込)
 1979年刊行の父親の書籍を、形見としてもっていた娘の民子さんが、父親の遺稿をもとに加筆修正して出版した。民子さんによると、父親の書斎には嘉兵衛に関する資料が山と積まれていた。亡くなった後、嘉兵衛研究の第一人者であったことを知った司馬氏が訪れ、「トラック一杯の資料を持ち帰った」。
 

 

 
 
司馬遼太郎全講演 〔3〕
司馬 遼太郎 著 / 朝日新聞社 / 10.5cm x 15cm /418 pp. /
4-02-264320-X / 2001年1月第3刷
\712(税込)

1985年5月、淡路島洲本市での司馬氏講演「『菜の花の沖』について」、1984年札幌市「ロシアについて」他を収録。 

 

 

NHK その時歴史が動いた 決死の外交編

西田真基〔ほか〕著 / ホーム社 /10.5cmx18cm/498 pp.
978-4-8342-7403-5/2007 年 11 月
\946( 税込 )

NHK 「その時歴史が動いた」をコミック化。「日露衝突を回避せよ 高田屋嘉兵衛決死の交渉劇」他  

ワイド版 風雲児たち 12
みなもと太郎著/リイド社/13cm x18.5cm/296pp.
4-8458-0178-7/2015年10月(7刷)
700円(税込)